塗装お悩み解決Q&A

塗装お悩み解決Q&A

よくある質問一覧

工事が完工した後のフォローってありますか?

特別に訪問して確認等はありませんが、ご連絡をいただければ担当者が対応いたします。また、保証付きの工事でしたら保証期間でしたら無償にて手直しいたします。

詳しく見る

いったいどこに依頼していいのか分からない。

最低3社のお見積りを取ることからはじまります。じっくり比較検討しながら、自分にあった会社を選択してください。

詳しく見る

問合せを一度でもすると、今後ずっと営業の電話などが入りそう・・・

お問い合わせの時、または見積り依頼時にきちんと確認することが大切です。

詳しく見る

仕上がりが想像と違っている場合はどのようにすれば良いのでしょうか?

こういったトラブルは口約束で契約された場合がよくあります。内容をきちんと把握せず、口約束や価格のみの交渉で契約を決めてしまうと、起こりやすくなります。何かが違うと感じた時にすぐに、担当者に聞くことが大切です。良心的な会社であればきちんと対応してくれるはずです。

詳しく見る

瓦屋根を塗装しますか?

一般に和瓦(釉薬の焼物瓦)は塗装いたしません。また、洋瓦でもモニエル瓦というのがありますがある程度年数が経てば特別な工法で塗装が可能です。瓦が塗装できるか出来ないかは、きちんとした診断が出来る人に任せるようにしてください。

詳しく見る

コロニアルの塗装について教えてください。

コロニアルは、カラーベストとも言われています。瓦の形をしていない屋根です。8から12年をめどに塗装したほうがよいと思います。塗替え目安は、全体的に色・艶がなくなり表面がザラザラしてコケカビが生えてきたら考えてください。

詳しく見る

ビニールクロスに塗装したいのですが?

直接塗装するとビニールクロスの可塑剤の影響でベタつきがのこります。(ブリード現象)下地処理の際に可塑剤移行防止剤を塗布すれば防ぐことが出来ます。塗装中においを抑えた低臭型塗料、マイナスイオンを発生する塗料などたくさんの種類が出ています。用途にあわせて選択できます。

詳しく見る

コーキング材の上に塗料が塗れますか?

コーキング・シーリング材は建物の目地に充填して、伸縮目地として活躍したり防水の役目をします。よくホームセンターで市販されているシリコン系のコーキング材には塗装できません。どうしてもと言う場合、特殊な処理をすれば塗装できます。それ以外の、変成シリコン、ポリウレタン、アクリル系には塗る事ができます。(1部不可の場合あり)コーキングの上に塗装した場合、べたべた感がずっと残るときがありますが、これはコーキ ....

詳しく見る

塗り替えはなぜ必要なのですか?

建物の寿命を延ばし長持ちをさせる為に塗装工事は行います。塗り替えには、ただの色付けの塗装と保護する為の塗装があります。ただの色付けの塗装は美観を重視していて好みの配色でしあげたりします。主に店舗に使用される場合が多くあります。また、不動産屋さんが短期売買の時にも行われます。保護する為の塗装は雨風・紫外線・粉塵などから外壁・屋根を守る事を目的にしています。

詳しく見る

塗り替え時期はいつころがいいですか?

お客様が塗装したいと思った頃が塗替え時期になります。特別、塗装に適している時期はありません。塗料の仕様書通りに行えばその塗料の性能は発揮できますので、梅雨の時期でも施工可能です。種類にもよりますが、夏用のシンナーや冬用のシンナーもあります。また、塗料を注文した時にメーカーが季節によってある程度調整したものが私たち工事店に入庫されます。

詳しく見る

2 / 512345